smily8book’s diary

図書館大好きなワーキングマザーの読書レビューです♪

重曹掃除が普及したみたいに、この考えも日本に浸透していく!~「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす読みました

 

 

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書)

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書)

 

言わずと知れた日本のナチュラルクリーニング

草分け的存在、佐光紀子氏 

キッチンの材料でおそうじするナチュラルクリーニング

キッチンの材料でおそうじするナチュラルクリーニング

 

 著者の名前は知らなくても、今や

掃除に重曹クエン酸を使用することを怪訝に思う人は少ないと思う。

それを日本に紹介し、広めた著者の本ご紹介♬

 

 

先駆けてナチュクリにはまり・・・

2005年、出産を期に

 私自身は、2005年、長男を出産した育児休暇中にこの本と出会ってはまり込み

当時はなかなか安価に手に入れられなかった掃除用重曹を まだまだ

普及していなくて、慣れないネットショップとかでおそるおそる注文(笑)

手に入れていた。

 

酸っぱい匂いのトイレ・・・

クエン酸なんて言わずもがな!ハナから購入は見合わせ、

安価な穀物酢で代用→結果、財布には優しかったんだけど、

トイレは酢で掃除してあとツンとして酸っぱい匂いが立ち込めてたっけ(´-∀-`;)

 

講演会があると知り、

f:id:smily8:20180221223920j:plain

f:id:smily8:20180221223926j:plain

育児休暇中だった2006年、さこうさんがナチュラルクリーニングの

セミナーを開かれるとの情報入手!

赤ん坊だった長男を抱えてセミナーに行き嬉々として記念撮影(´-∀-`;)

f:id:smily8:20180221223955j:plain

あのときはありがとうございました!

 

家事のしすぎに警鐘

 

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書)

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書)

 

 

そんな著者が、本業である翻訳の仕事や、社会人入学した大学院で外国人と接して、

この国の女性たちの家事のしすぎに問題意識もつようになったのだという。

 

 

家事のために退職

そもそも家事が疎かになるからって

結婚や出産で仕事辞めるなんて日本くらいだという著者

→だってそもそもそこまで家事しないから という著者

 

「あたしおかあさんだから」の日本

折しも、この歌が社会的に注目される昨今。

 

まあ、この歌は家事っていうよりは育児についての歌だが

結婚し、母になったからには、寝不足でも髪の毛振り乱してでも

家族のために体を張れという文化が我々の社会。


あたしおかあさんだから

もちろん尊いんだけど、

早寝早起き、朝ごはんであさから凝った朝食作って

キャラ弁持たせてってえらいけど・・・

そこまで頑張んなくていいんじゃない?

というのがこの本趣旨

 

重曹が100円ショップで買えるようになったように

当時はなかなか手に入らなかった重曹クエン酸も、酸素系漂白剤も

今や100円ショップで気軽に手に入る 

2005年当時「掃除に重曹使う」って話すと、

ママ仲間からは怪訝な顔をされたものだった

 

だけど2018年の今なら 私のことをそんな風に言う人の方が少ないだろう

 

今は「怠けたいだけ」と揶揄されたとしても

同じように、今は社会に、家事のしすぎを訴えて

「女たちが怠けたいだけだろ」と揶揄されたとしても、

担い手不足日本、ナチュクリが浸透し今や百均でも重曹買えるようになったように、この考えも絶対浸透していくと確信する

 

家事は絶対もっと効率化できるはず 頑張りすぎてる女性、必読です!

 

家事効率化 別著書

著者には、家事効率化の本もたくさん

 

常識やぶりの「家事半分」術―心の負担を半分にする

常識やぶりの「家事半分」術―心の負担を半分にする

 
やめたら、お家スッキリ!―モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント

やめたら、お家スッキリ!―モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント

 
家事をとことん減らす50のコツ―これで毎日がラクになる!

家事をとことん減らす50のコツ―これで毎日がラクになる!

 

 別著者ですが、勝間和代さんのロジカル家事もめっちゃおすすめ!

 

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

 

 

まとめ

日本の女性たち、家事頑張りすぎてるのえらいけど、社会進出が遅れたり、

キャリアが途絶えてしまったり。もしかして弊害が出ているかもしれません。

家事を減らして効率化すると、お子さんといる時間も増えて笑顔も増えます!

ぜひご一読♡