smily8book’s diary

図書館大好きなワーキングマザーの読書レビューです♪

ほんとにマジ泣きマンガです…「裁判長!ぼくの弟懲役4年でどうですか」

 

 

 

久し振りに、マンガ読んで泣いちゃったよ(≧(エ)≦。)

今ハマっているイケハヤサンがブログですすめていて

www.ikedahayato.com

読んでみたのでシェア

  裁判傍聴漫画著者の実弟逮捕!

著者はもともと、ドラマ化された裁判傍聴漫画の著者。 

裁判長!ここは懲役4年でどうすか [DVD]

裁判長!ここは懲役4年でどうすか [DVD]

 

 

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 12 (BUNCH COMICS)

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 12 (BUNCH COMICS)

 

 

その実弟が逮捕され刑事裁判、

弟の裁判を傍聴するという実話

 

母子家庭の母

母子家庭3兄弟末っ子である弟のため、夜昼なく働き、

苦労して育てた母が証言台に立ち、

「本当は優しくていい子なんです」証言するシーン 、

実話ならではのリアリティが伝わってきて不覚にも涙。

 

母の愛を知っている人なら、ほんとに泣いちゃいます。

 

ガンプラ壊したときと同じ顔」

また、小さいときから一緒に暮らしている著者だけに、

表情受け答えを見るだけで ウソついているかどうかも分かってしまう

苦悩も興味深い。

「小さいとき、俺のガンプラ壊して嘘ついている時と同じ顔だよ」とか。

 

家族を作品にする苦悩

著者自身 天命だと裁判傍聴し、

プロ意識で絞り出すように書いた渾身の一作だが、

著作読んでお母様はショックのあまり、

著者と口をきかなくなってしまったそう。

ここも含めて実話を描くってむつかしい

 

サイコパス

私自身が読んで感じたのは、

あー、たぶんこの弟さん、数十人に一人いるといわれている

良心が欠如している人=サイコパスなんだろうなと推測。

 

良心をもたない人たち (草思社文庫)

良心をもたない人たち (草思社文庫)

 
結局、自分のことしか考えない人たち

結局、自分のことしか考えない人たち

 

 まとめ

裁判傍聴コミックを描いてきた漫画家が、

実弟の裁判を傍聴するという実話。 

事件からすでに7年。 おそらく良心欠落しているサイコパスでは

という印象持つ弟さんが更生していることを願う

おすすめです