読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smily8book’s diary

図書館大好きなワーキングマザーの読書レビューです♪

多忙なワーママこそ読むべし!「一汁一菜でよいという提案」

f:id:smily8:20170420152525j:plain

毎日のご飯づくり・・・。

 子供もいるし、もちろん毎日いそしんでますけど・・・

仕事終わってからダッシュで帰宅して、とにかくおかず2品と

汁物をダッシュで作って、秒速でかっこむ小学生たちにふるまう・・・。

ぶっちゃけ、大変じゃないですか

あれ?私だけ??(´-∀-`;)

特に、SNSの普及でよそ様の食卓を目にする機会増えたりすると、

自分が作る貧相なご飯とつい比べちゃって

子供たち、ゴメン(ノロ≦*) 」なんて罪悪感持ったり。

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 目次

 

 

ワーママへの光明?!

そんな迷えるワーママに光明を与えてくれるのは、

理研究家:土井勝氏ご次男の善晴氏

曰く、

ごはんづくりは無理しなくていい

今、多くの人が毎日のように「きょうのおかずは何にしよう」と悩むと聞きますが、一汁一菜が基本であると考えれば、何も難しいことはありません。一汁一菜は、現代に生きる私たちにとっても応用できる、最適な食事です。

 と著者。日本に古来からあるハレとケでいうケの日には、

・きちんと出汁を取ったみそ汁

・丁寧に炊いたご飯

・香の物 があれば十分に健康も保てる。

献立を考える必要もない

 

一汁一菜はシステムであり、思考であり、美学だという著者。

もしこれ言ってるのが私だったら

単なる手抜き主婦の戯言にしか聞こえないけど(´-∀-`;)

理研究家がいってくれてるのが福音だわ♪ 

 

ちゃんと出汁を取るというけど、腹とワタとった身は

みそ汁に入れていたり、肩ひじ張らずできそう。

 

粗食のすすめ

 

粗食のすすめ (新潮文庫)

粗食のすすめ (新潮文庫)

 

 

なんていうと、冗談めかしているけど、実は私自身は

10年前双子を生んだ際に入院していた病棟の助産師さんに進められて

幕内秀夫さんの↑本を読んで以来、概要はすでに実践スミ

朝食などはまさに、10年来いわゆる「おかず」

なし生活で育児してきたが

サッカーの選抜チームに入れていただいたり

おかげさまで子供3人、アタマはともかく(´-∀-`;)

健康優良児

 

ひとまず、みそ汁の出汁にはこだわろうと、

煮干しか昆布&鰹節での出汁にして、具沢山に。

朝鍋いっぱいに作って、夜もそれを食べる。

 

白米もいいんだけど、我が家はもともと玄米で、

一か月ほど前

 

好きなものを食っても呑んでも一生太らず健康でいられる寝かせ玄米生活

好きなものを食っても呑んでも一生太らず健康でいられる寝かせ玄米生活

 

 を読んで、保温専用ジャーを購入!小豆を入れた寝かせ玄米に、

自家製の糠漬けを添えて

納豆をかけて食べさせるのが朝ごはんの定番に。

 

まとめ

仕事もして、育児もして、それでもご飯づくりにも

手を抜いちゃいけない(* >ω<)と歯を食いしばってるママにこそ

読んでほしい。お勧めです!”