smily8book’s diary

図書館大好きなワーキングマザーの読書レビューです♪

育児休暇明けママ必読!自分の時間、どうしたら確保できるの?? ちきりん「自分の時間を取り戻そう」

春ですね(●´ー`●) 「保活」に勝ち抜いたままが、

保育園に預けて仕事に復帰する季節! 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

 さすがイケハヤさんの推薦、めっちゃ良本だった。

季節は春、育休明けるママたくさんいると思うけどおススメなのでシェア

 

頑張れば解決・・・するの??

 気が付けば長男も、春から小学6年生!

 

f:id:smily8:20170430082837j:plain

今だって子供3人のPTA,子供会、サッカー少年団の役員、

来年度は隣組の組長と

役員3-4つかけもちするのがデフォルトな日々だけど。

 

役員3つハシゴより激務な育児休暇明け

11年前、長男1歳で育児休暇が明け、仕事に復帰した私は、

正直今の3倍くらい激務に感じた

f:id:smily8:20170430084425j:plain

出勤前

・朝は時にまだ母乳飲んでた長男と寝ていた布団を起こさないようにそーっと起床

・朝食の準備をしつつ夕食も温めるだけにしてからおく

・乳児を起こして朝食

・朝食あげたらそのまま子供を抱っこして母乳を授乳しつつ、

 保育園連絡ノート記入

・着替え、おむつ、タオルなど満載の保育園バッグと長男、

 自分の荷物を両脇に抱えて車に飛び乗って保育園へ

・おむつや着替えを仕分けて長男と別れ勤務先にダッシュで向かって勤務!

・…と思いきや、別れ際に泣かれて遅刻ギリギリ、自分も泣きたくなる

勤務先到着、始業まで

・正直、5時起きしてるのに自分の化粧する時間も取れず、

 勤務先で化粧

・↑独身の先輩に「ぎりぎりまで寝てるからよ!

 30分早く起きてしたくしなさいっ」とか怒られて苦笑。

勤務中

・勤務中もしょっちゅう保育園から「長男くん、お熱が38.0度あって…」と

 お迎え要請コール(≧(エ)≦。)  

 仕事が中座できないので、実家の母に公衆電話からお迎えを頼む

 (※当時は病院内で携帯禁止だったため、テレカが欠かせなかった…遠い目)

勤務後

・残業する仲間たちをしり目にダッシュで仕事を済ませてなんとか保育園へ

・帰宅したら朝の食事を温めてダッシュで食べさせて・・・

とか、そんな日々。。。

 

それなのに、こだわりも捨てられず…

そのくせ、最初の子供だったこともあって、

・玄米菜食基本、できる範囲でマクロビ!

・可能な範囲で布おむつ、母乳育児!

・添加物怖いので離乳食もなるべく手作り

・おやつもできる範囲で手作り⇒豆乳のプリンだの、寒天だの

とかやってたし、仕事でも独身のスタッフも多かったので、

とにかく人並みには成果出さなくちゃと必死。

 

できもしない「ちゃんと」を追い求める

育休から戻る際、食洗機やルンバ導入したりドラム洗濯機にしたりと、

それなりに設備投資もしたけど、楽にならず、

部屋も週に1回は掃除機かけなくちゃ、布団もちゃんと干して、

ちゃんと、ちゃんと・・・ できもしないちゃんとを追い求めていた。

  毎日へとへと。でも必死で毎日を回してた

 

 脱!「頑張って解決」の呪縛

本中 自分が頑張ってすべてを回す、『ちゃんと』やるなんて無理!!

と著者が言ってくれていて なんか涙が出そうになる(笑)

 ワーママに限らず

本中ではワーママに限らず、

・昇進してしまって時間がほんとになくなってしまったできる上司

フリーランスになったけど自由がなくなってしまった人

 など、わかりやすい例を出しながら、解決策を考えてくれている

 

どうやったら自分の時間を取り戻せるのか

いかに自分でする仕事

(量、時間)を減らして

自分の時間を獲得するか

真剣に模索すべしということ。

 

たとえば、ワーママが自分の時間取り戻すとしたら

本中に例として出てきていた、

毎朝5時台に起きてアレルギーの子供のための弁当を作って

夕飯も作ってから通勤しているワーママの例では

・週に2回、在宅勤務を提案⇒週4時間の移動時間ロス節約

・アレルギー対応弁当手作りにはこだわらず、冷凍を調達してアウトソーシング

・日用品は、週に1回きまったものを配達してもらうように設定⇒もはや注文すら不要

・週に1回、掃除のヘルパーさんと食事作りのヘルパーさんをお願いする

・負担の大きい帰省の代わりに田舎の両親も招いて旅行

 ⇒外食などで滞在中の負担も軽減

 

などで効率化し、ゆとりを生み出せたという結末に、

まったく架空の話ながらほっとする自分(´-∀-`;)

 

まとめ

春から育児休暇あけるままに言いたいのは、

どうしたら頑張らなくてすむか、

その方法を真剣模索すること

 

育児休暇明けママ、ほんとに応援してるからね!

もし私にできることがあったら言ってね。